ささはの日記帳

日記!日記だって!

ドライブウェーーーイ↑↑

おはようございます

ささはです

 

今日は友人とお出掛け

 

 

行き先は昨日決めました

 

焼津!

 

「伊豆じゃなく焼津の海」

という歌詞がありました

スキマスイッチの「view」という曲です

 

 

 

友人が車だしてくれるみたい

 

その友人を待ってますなう

 

ドトールで優雅な朝食

 

回りの人の会話を聞きながら

紅茶とワッフルを嗜む

 

 

 

 

楽しそうなおばちゃんたち

 

カップルかアベックか微妙な距離感の男女

 

英語で話してる外国人

 

おっさんに距離を詰められてて少し嫌そうな若い女性(pp活?いやまさかね)

 

ドトールティーカップ、内側にラインが入ってて飲み物いれる量が分かりやすいのね

 

 

この時間から焼津って厳しくないか?

一応泊まりの準備も持ってくって話になってるけど宿とってないし

 

 

さすが我が友人と私の計画性のなさ!

 

 

私はついていくのみ!

 

 

 

 

 

 

宣言通りの後夜祭

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

 

特に書くこともない後夜祭

 

 

 

バレンタインデー

海外だと男性から女性にアクションする風習があるみたいですね

 

 

日本だと逆チョコと言われるやつですね

 

バレンタインと言えば

バレンタイン・キッスですね

 

 

来年は新元号最初のバレンタインだけど新元号2年ですね!

 

 

さよならバレンタイン!

 

チョコレート・サーキュレーション

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

 

バレンタイン当日

 

今年のささはのバレンタイン

 

昨年と同じく職場の配布チョコを頂戴しました

 

美味しい

残業中のおやつにピッタリ

 

そして先輩もくれました

同じ担当の上司にも渡していらっしゃいまして、日頃の感謝を伝えるには良いイベントかもなーと思った

高級そうでとても美味しそうなチョコ

冷やして食べると良いらしいので冷やします

 

 

バレンタイン

 

学生時代は何となく浮き足だった雰囲気があった気がするけど、社会人にもなると特に変化を感じない

 

私の見ている範囲ではロマンス溢れる本命チョコの授受は行われていなかった

 

が、業務後にドキドキアタックタイムが起きていたかもしれない

 

 

甘酸っぱいねぇ

 

 

 

我が彼女は次回会うときに手作りチョコをくれるらしい

 

らしい、というのも直接的に言っていた訳ではなく、「このセリフから読み取れる彼女の心情を答えよ」みたいな問題になりそうな発言からの予想である

チョコは貰えないしれないが、それはこちらが発言の真意を読み間違えていたというである

 

 

そりゃ貰えたら嬉しいけど、チョコをくれなくても問題ない間柄でしょ彼氏彼女は

想いは会う度に態度と言葉で伝えてくれてるし、自分も伝えるようにしてるし

なので彼女からのチョコレートの有無に一喜一憂する必要はないのだ

 

 

 

 

なーんて言いつつささはさん、貰う前から手作りチョコ貰える疑惑に舞い上がりつつ、御返しに何をあげようか悩んでいるのである

貰えるとしても来週末なのにね、気が早い!

 

 

読んでくださってる方々からのチョコレートのように甘い星、コメント等々はバレンタインに限らずいつでも受け付けてますよ(?)

 

といった雑なボケ

 

以上でーす!

 

 

 

 

 

 

 

バレンタイン前夜祭

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

 

 

今日から「前夜祭」「当日」「後夜祭」ということで、3本連続バレンタインフェスを執り行う

 

 

しかし、バレンタインで3記事書けるほど経験ないし、来年も同じような内容の記事を書いてしまう気がする

 

だが安心してほしい

私のブログの内容を来年まで覚えていられる人がいるだろうか、いや、いない

 

 

前夜祭の今日は…

バレンタインの何について書こう…

 

 

義理チョコって大変そうよね

 

私は貰うサイドの性別なので、学生時代はクラスの人とか部活やサークルの人が配っている義理チョコを頂戴しておりました(友チョコの場合は性別関係なく貰う側になりますね)

 

予期せぬ人から貰えると義理でも嬉しい

 

 

 

昨年は社会人になって初めてのバレンタインでしたが、職場でも同じ部署の人に配布するイベントがあるのに驚きました

 

 

今年も配布されるらしいです(集金打ち合わせを目撃)

 

 

それとは別にチョコくれる直属の先輩は女神

 

部署内配布の返礼配布は上司が私含めた野郎共から集金して買ってくれるから楽なんだけど

 

 

先輩への御返しが大変

 

先輩がくれたのより少し高めなくらいで、嵩張らなくて職場でも食べやすい感じのやつを去年は返した

 

 

今年もその路線でいこう(貰えるとは言ってない)

 

 

 

 

男は義理ホワイトデーとか無いよね

 

 

貰った分の御返しが基本よね(義理の御返しオンリーだと義理ホワイトデーか?)

 

楽だけど、本命相手に渡したい男性は相手から貰ってないと始まらないの辛そう

 

 

男ならイベントに頼らずに想いを伝えろ!ということか

 

 

過去の思い出を少し語らせて(去年も語ったかも)

 

昔、当時少し仲が良かった人から一斉配布チョコとは別にチョコを貰いました

手作りチョコマフィン

 

それが生焼けだったのか、中か粘ってたんです

それでも私は食べました

もらえた喜びで食べました

 

それ以降、バレンタインの度に生焼けマフィンを思い出します

 

記憶に残ったという点で、あのバレンタインはマフィンの勝利でしたね

 

以上思い出のコーナー

 

 

 

 

それにしてもお菓子業界は上手いことやりましたね

 

すげー儲かりそう

 

そんな前夜祭。勝手に前夜祭。チョコは食べない前夜祭。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ道というほどでも無い内容

ここははてなブログ

 

 

その中にある「ささはの日記帳」

 

 

はてなブログは文章の構成とか言葉選びとかをしっかりとしているブログが多いイメージ

(勝手なイメージ)

 

 

 

 

読ませる文章というか、お洒落な文章というか

 

 

自分もそんな感じに、お洒落で読みやすい文章を書きたい!

 

と思って、形から入ろうとはてなブログを選んだ(それだけが理由ではないけど)

 

 

だがこの有り様

 

 

はてなブログ界で最も文章力語彙力が無い疑惑が浮上している(我が主観による疑惑)

 

 

 

しかし考えて文章を書くと疲れてしまうのだ

 

 

頭クルクルパーな天パブロガーだから頭使うの厳しいのだ(天パは正義です)

 

 

それ故、このスタイルは貫き通します!!

けれども、少しずつちゃんとした文を書けるようになりたい所存です!!!

 

 

とにかく自分らしく続けていきたいよねって話でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海を渡る

ささはです

 

 

私、本州在住でして

 

海を越えたことは過去5回のみ

 

北海道2回

 

九州1回

 

淡路島1回

 

 

厳島1回

 

 

そして今回、6回目の島流し(?)

 

 

船にのってとある島へ

 

 

 


f:id:sasahake:20190211111132j:image

 

出発だぜ!船からの景色だ!

 

 

ふぅ!!!

 

 

 


f:id:sasahake:20190211111243j:image

そして到着

 

 

この島、小さい島なので一日でも回れるみたい

 

 

今回は一泊二日

 

 

 

 

宿まで普通に迷いました

 

 

 

そして…

 


f:id:sasahake:20190211111453j:image

夕食!ふぐ!(この後ふぐの唐揚げとふぐ雑炊と茹で蛸とデザートも来ました)

 


f:id:sasahake:20190211111531j:image

 

てっさ!鶴みたい!すごい!(写真は2人前です)

 

 

 

どの料理もとても美味しかった

 

ふぐの唐揚げは「ふぐと言えど唐揚げだからそれなりの味かな?」なーんて思って食べたらすごくしっかりとした身なのにふっくらしていて美味しかったし

 

鍋とか雑炊は言うまでもなく美味しいし

 

 

てっさは最高!って感じでしたし

 

 

 

突き出しの赤ナマコも歯応えが良くて美味しかった

 

 

(私、食レポ苦手です!)

 

 

 

 

二日目は朝から島を散策

 

 


f:id:sasahake:20190211112113j:image

 

 

いい天気。とても強風。

 

 

お刺身食べて帰りました。

 

 

 

また行きたい

 

 

次の機会があれば釣りしてみたいなー

 

棹とか借りられるみたいだし

 

 

 

連勤明けの旅行だったから少し疲れが残ってたけど、ゆっくり出来たから問題なしでしたわ

 

 

 

 

以上でーす

 

 

「デート」の話

デートってあるじゃないですか

 

主に男女の仲にある人たちや男女の仲になりそうな人たちが二人きりでするやつ

 

男女の仲って響きも既に甘いですな

 

デートという響きが甘くて心地よい響きですよね

 

語源は知らないけど、デートっておしゃれだし、なんとなく甘酸っぱさも感じさせる素敵な三文字

 

週末はデート!ってだけで頑張れますし、あの子とデートしたいなーって思うとソワソワしますよね?きっとソワソワしましたよね?

 

デートという三文字の並びの甘いイメージはデートという行為が甘いイメージがあるからですよね

 

 

 

この、「デート」を示す言葉が「アルマゲドン」だったらアルマゲドンが甘い響きだと感じるようになってたのでしょうか

 

 

 

アルマゲドン」は長いのできっと上手いこと略して呼ぶことになっていたでしょう

 

 

アルマとか

 

マゲドンとか

 

 

 

 

「えーお前あの子と週末アルマゲるの?いいなーー!」

 

 

「彼とのアルマゲのルートが毎回同じでマンネリなんだけど…」

 

だったり

 

 

 

「念願の初マゲドン楽しみだな緊張する」

 

 

「泊まりマゲドン誘われたんだけど下心見えすぎでしょ」

 

「激写!有名俳優と若手女優の手繋ぎマゲドン!」

 

 

みたいな感じですかね

 

 

デートの方がデート感ありますね

 

 

やっぱりデートがナンバーワン!

 

 

以上でーす

 

 

 

 

 

 

ところでアルマゲドンとは何ぞや?