読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささはの日記帳

日記のようなブログ

退屈笹葉、謎の駄文

日記

とてもとても暇な日でした









部屋の片付けをしながら、以前読んだことのある本を読んだり









ウォークマンでいろいろな曲を流したり









一度読んだ本を読むと、初めに読んでたときのことを思い出したりしません??








歌とかもそうなのですが












なのでいろいろ思い出しつつ…










高校二年生まではそこそこ本を読んでまして









軽めの新書とか、流行りの本とか、ラノベとか…










読んだ本に多少なりとも影響されてきたと思うのですよ










ラノベに手を出してなかったら…









と思います!









最初に読んだラノベ








涼宮ハルヒの憂鬱」でして









もし読んでなければ今の自分にはなってないだろうなーなんて









まずツイッター始めてないだろうし、始めたとしてももっと遅かっただろうし










ツイッター始めてなかったらこうやって日記をブログに書いて公開してないだろうし









受験期にネットしまくったりも無かっただろうし









そしたら今の大学に入ってないかも!










それで今よりも楽しくなってるか、詰まらなくなってるかは分からない









もちろん原因はいろいろあるし、ラノベが原因って言ってるわけでは無いのです








極端な例ですよ?








ただ、笹葉って名前は「笹の葉ラプソディ」もイメージしてますし









話は大きくなりますが











偶然と選択の繰り返しで今の自分があると思うのです









ラノベがーって話を上でしましたが











もしそこで違う本にはまっていたら









違うようになっていたかもしれない









先日の日記で、昔空手をしていたと書きましたが










小学一年生の時に、空手か少年野球どちらにするか悩んで、空手にしたのです









野球好きだったのになぜ空手にしたかは分かりません









もし野球をしてたら友人関係も違ったはず








高校選びは仲の良い人が行くからって理由で決めました









違う人と仲が良かったり、仲の良い人が他校を選択してたら自分の選択も違ったかもしれない








他人の偶然と選択も自分に影響してくるから恐ろしいですな







あまり昔に遡るのも切なくなるので最近のことに










大学選びもかなり迷走しましたねー









学力が芳しくなくて選択肢が少ないこともあって









かなり適当に投げやりに決めました









通学時間二時間なのですが











友人の親戚がいる市だからってのが大きな決定材料の一つだったり










入学後の選択もですね









サークルは、大学で一番初めにできた友達が入るからって理由で決めました









他にも良いサークルがあったのだけど









人に流されやすいので…









もしどこかで違うルートに入っていたらー









とか考えるけど、今よりも良いのか悪いのかは本当に分からない









今の大学やサークルに入って嫌なこともあるけど、良いこともあった








まだゴールじゃないし








周囲の人には恵まれてきたのかな…?









好きな人も嫌いな人もいて











ゼミもしょうもない決め方したけど結構重要な選択だった気がする









今後に響きそう










人生何が起こるか分からないってのは









偶然の部分と、他人に起こる偶然と他人の選択の部分が関係してるのかなって









他人の影響を受けることはあるけれど、自分の選択は自分次第なので、考えねばならないのか…









せめて自分の選択で明るい未来を引き寄せたいですな








僅かでもハッピーエンドに向かう確率を上げたい!










本当に小さな選択が大きく作用することもありますよね!









はーい、そんなわけで










まだ人生21年目の新人笹葉が現在思っていることを書いてみたって感じになりました







全く自分らしくない










(纏まんなくて50分くらいかけて書いてるけど読むと2分くらいなんだよね…)










今日はここまで!